国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -275-
中国の経済数値は本当に正しいのか?
(2018年1月15日)

 2018年の年明け早々(1月11日)、カンボジアを訪問中の李克強首相が昨2017年の中国のGDPは6.9%前後だと明言したが、李首相のその数字は“ブラックジョーク”としか思えない。何故なら2007年、李克強が遼寧省トップだった頃、米高官に中国の経済数字は「人 ...

全文

「“反安倍”に野党三党四苦八苦」
―“一強多弱”脱却は希望・維新の合併か―
(2018年1月10日)

 立憲民主党、希望の党、民進党の三つの議員集団が統一会派を目指して四苦八苦している。もともとこの三党は昨年の総選挙前は同根の党だった。小池百合子東京都知事が異様な旋風を巻き起こし、希望の党を結成した結果、民進党から当選を頼りにごっそりと移籍した。参議院議員は当 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -274-
中国共産党政権が崩壊する契機
(2018年1月9日)

 昨2017年クリスマス・イブに、習近平主席が北京301病院に緊急入院した。習主席が度重なる主席への“暗殺未遂”のため、腹痛を起こしたという。だから、大事を取って入院したと伝えられている。無論、真偽のほどは不明である。当日、何かクーデターのような ...

全文

光海君の故事に見る金正恩の末路
(2018年1月5日)

 この2018年、北朝鮮情勢をめぐって果たして何が起こるのか、とりわけ暴虐の限りを尽くす北朝鮮の金正恩の末路が如何なるものになるのは今や世界的な関心事になっている。米朝核戦争を回避し得る唯一の(?)希望的シナリオは金正恩の自滅か失脚と言われるが、それはどういう ...

全文

「日本は『中華文明』の支流に非ず、『独立の文明』を持つ唯一の国」
(2018年1月5日)

 国際政治学者のサミュエル・ハンチントン教授が1996年に『文明の衝突』という著作を出し、その中で「日本は独立の文明を持つ唯一の国」と定義した。それまで世界の文明には7つの極があって、日本文明は「中華文明」に含まれていた。今でも中華文明から分かれたものと思って ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -273-
北京301病院に「腹痛」で入院した習主席
(2017年12月28日)

 今年(2017年)12月24日、習近平主席が、中国人民解放軍総医院<総合病院>(通称、北京301病院)に、検査のため緊急入院した。度重なる暗殺未遂のため、「腹痛」を起こしたと伝えられる。周知の如く、習近平・王岐山コンビは、 ...

全文

【訃報】
(2017年12月28日)

 小田村四郎副会長が、12月9日、逝去致しました(享年94歳)。生前のご厚情に深く感謝申し上げます。 ...

全文