国際社会における日本の歴史観を正しく認識してもらうために「対外発信助成会」を設立いたしました。多くの方々のご賛同をお待ちしております。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -313-
北京はP2Pで庶民から金を巻き上げたか?
(2018年8月17日)

 現在、中国共産党政権には、財政破綻の危機が迫っている。中央政府の財政赤字は、GDPの250~300%にのぼる。それにも拘らず、今年(2018年)7月31日、習近平政権は、「積極財政」政策を打ち出した。景気が悪いからである。 ...

全文

備えるべき有事とは?
(2018年8月17日)

 73年目の終戦の日を迎える。現役自衛官はもちろん、日本国民の中で実戦の経験者が居なくなりつつある。戦争の悲惨さを継承し、平和への誓いを新たにすることはとても大切なことだが、日本の平和と独立を守り続けるためには、将来の危機に備えておくことが不可欠である。古来よ ...

全文

「陸上自衛隊縮小」ではなく「陸自活用」を論じるべきだ(現在のトレンドは「陸自活用論」だ)
(2018年8月17日)

 北村淳氏が8月16日付のJBpressに、「米戦略家たちの常識は『陸自は縮小が必要』」という論考を発表しています。北村氏は、JBpressに毎週のように投稿していて相当の影響力がある方であり、私も同氏の米海軍関係の論考の愛読者の一人です。 しかし、今回の論考 ...

全文

陸上イージス(イージス・アショア)は日本の防衛に不可欠
(2018年8月17日)

 陸上配備型イージス・システム(本稿では陸上イージスと呼称する)2基の導入については、2017年12月末の閣議において決定された。閣議決定後の重要な手順が陸上イージスに搭載するレーダーの機種選定であったが、防衛省は7月30日、レーダーの機種選定結果を発表し、米 ...

全文

「一帯一路構想」という野望の末路
(2018年8月16日)

 去る4月にドイツ紙が報じたところによると、北京に駐在する(ハンガリーを除く)EU27ヵ国の大使が中国政府に連名の書簡を送り、一帯一路構想(BRI)の取り進め方に注文を付けたという。その注文内容は「BRIの推進に当たっては、透明性、労働基準、債務の持続可能性( ...

全文

新刊のご紹介
(2018年8月16日)

『日本の海上権力―作戦術の意義と実践―』
著者:下平 拓哉
出版社:成文堂
定価:2200円(税別)  ...

全文