秦郁彦著『慰安婦と戦場の性』を基にした「慰安婦」に関する専門書を英訳本‘Comfort Women and Sex in the Battle Zone’として出版致しました。(詳しくはこちら)


澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -355-
毛沢東秘書、李鋭の死
(2019年2月22日)

 今年(2019年)2月16日、毛沢東の秘書を務めた李鋭が永眠した。肺炎と消化管癌のため、多臓器不全で亡くなっている。享年満101歳だった。最近、李鋭が脚光を浴びたのは、「習近平主席の教育レベルは小学生並み」と直言したからではないか。 ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -354-
拡大の止まらない中国「アフリカ豚コレラ」
(2019年2月21日)

 今年(2019年)2月5日、中国では春節を迎えた。同国では、末尾が9の年は大事件が起こると信じられている。もしかすると、本年は波乱の年となるかもしれない。昨年8月来、習近平政権を悩ませてきた「アフリカ豚コレラ」(以下、ASF)は、春節前、しばらく発症しなかった。 ...

全文

「米中貿易交渉の行方」
―知的財産権侵害と「一帯一路計画」破綻で対米優位は不可能―
(2019年2月20日)

 中国は対米貿易交渉が妥結したとしても、貿易において二度と対米優位に立つことはないだろう。これまで、貿易は2国間で五分五分に儲けているものと思い込んできた。しかしトランプ氏の言い分では米側が40、中国側が60儲かるように、貿易システムが歪んでいたという。目下は ...

全文

「元駐日韓国大使の対日認識に唖然」
―日韓の溝を埋めるのは困難―
(2019年2月13日)

 今年の文芸春秋1月号に韓国の外交官で朴政権時代に駐日大使を務めた柳興沫(ユフンス)という人物が産経新聞の黒田勝弘氏のインタビューを受けている。黒田氏が韓国問題で第一人者であることは周知だが、柳氏とはどんな人物か。文春の説明によると2歳から小学校5年まで京都に ...

全文

澁谷 司の「チャイナ・ウォッチ」 -352-
キルギスタンで起きた「反中デモ」
(2019年2月7日)

 今年(2019年)1月17日、中国の隣国、キルギスタンで大規模な「反中国デモ」が起きた。デモには、200人から300人が参加している。そして、デモ参加者21人が警察に逮捕された。 近年、キルギスタンでは、中国のプレゼンスが徐々に高まってきた。 ...

全文