本文へスキップ
HOME ○○ネットとは 役員・政策提言委員等 活動状況 季報・調査研究 アクセス・入会申込み リンク

日・米・欧ジョイント・セミナー 『冷戦後世界の変化に対応する主要先進国と日本』について

セミナー の趣旨
東西冷戦構造崩壊、そして技術分野における急速な進歩というドラステイックな安全保障環境の変化を受け、主要先進諸国は防衛力の維持整備に関して従来の能力を損なうことなく防衛力を維持するため賢明な対応に努力を傾注している。
 従来軍事的に中立的立場を貫いてきたスウェーデンは、冷戦終結直後から防衛力の政策的・構造的在り方に関して官民両分野で大きな変化を余儀なくされ対応して来た。他方、日本の場合は冷戦終結が大局的変化の引き金になっているとは見受けられない。
 しかし防衛産業の分野では、グローバリゼーションが進む環境変化の中、急速な技術的進歩や優れたウエポンシステムの構築、或いは軍縮が進んだ。また防衛予算の締め付けに比例した需要の減少が防衛装備品等の価格上昇の傾向を発生させている。このような情勢下、日本においても同様の現象と影響について議論が喚起され、効率的・効果的な防衛力整備に係わる行動方針が求められるであろう。このため本文脈において、日本の防衛産業界に広い視野から結論を導くことが迫られるに違いない。 
スウェーデンは、主要先進国と協調して情勢の変化に対応する試みを推進している。スウェーデンに限らず日本でも同様の対策が実行されなければならない。中でも優先されるべきは、主要先進国から学び、特に武器輸出三原則等に見られる孤立からの脱却を図ることであろう。
 よって日本とスウェーデンがセミナーを共催し、掲げたテーマについて日米欧の主要先進国の識者が議論する機会を設けた。国際化著しい社会において「防衛産業が進化していくため如何に在るべきか」を見出す場となれば幸いである。

セミナーの概要(プログラム)
1000〜1125 オープニングセッション
  総括議長:田中 伸昌 JFSS政策提言委員
T 開会挨拶:ステファン・ノレーン 駐日スウェーデン大使、愛知 和男 日本戦略研究フォーラム理事長
U 来賓祝辞:海江田万里 経済財政政策・科学技術政策・宇宙開発担当国務大臣
V 基調講演:石破 茂 元防衛大臣
W 基調講演:ウラ・ヘディン スウェーデン国防省戦略・安全保障政策局局長
1125〜1135 休憩

1135〜1245 セッション#1「国際的な防衛協力の傾向概観」
  議長:ジェームス・アーミントン、 ボーイング社副社長元米国防省国防次官補スタッフ
T 発表(米):グレッグ・ルービンスタイン GAR アソシエート会長・米国防省コンサルタト
U 発表(欧):サイモン・チェルトン BAE システムズ社副社長、元駐日英国大使館武官
V 発表(日):佐藤 丙午 拓殖大学海外事情研究所教授
1245〜1345 昼食:会議場隣接ホール

1345〜1510 セッション#2「スウェーデンの防衛/融合と協調/防衛産業政策の転換―スウェーデンは如何に冷戦から冷戦後へと体制移行を遂げたか―」
  議長:ウラ・ヘディン/ ミノール中佐、駐日スウェーデン武官
 a 防衛政策
 b 防衛協調政策―防衛装備品の国際的協調と融合―
 c 防衛産業に係わる政策
  ―防衛関連企業の合併吸収
  ―防衛産業のグローバリゼーション
  ―如何に国内防衛生産と技術力を保障するか
 d 防衛産業界の対応  
T 発表:ウラ・ヘディン/ハンスクリスチャン・ハグマン(スウェーデン国防省戦略・安全保障政策局戦略分析部長)
U 発表:アン・クリスチン・ラングセリアス スウェーデン防衛安全保障輸出庁長官
V 発表:ピーター・ランドバーグ スウェーデン安全保障防衛工業会会長 (退役陸軍少将)
1510〜1520 休憩

1520〜1650セッション#3「日本の防衛産業界との連携―現状・挑戦・将来への展望―」
  議長:アンソニー・エニス BAEシステムズ北東アジア社社長
T 発表:ジェラルド・ローレス レイセオン社副社長
U 発表:アンドリュー・シモンズ アグスタウエストランド社日本支社長
V 発表:ジャン・ピー スウェーデン安全保障防衛工業会事務局長
W 発表:富田直治(三菱商事宇宙航空第2ユニット次長)
1650〜1710 休憩 

1710〜1720 総括・政策提言(田中 伸昌 総括議長)
1720〜1725 閉会挨拶(スウェーデン大使館武官ミノール中佐)
1800〜2000レセプション 
POLICY RECOMMENDATIONS
Joint Seminar
Adaptation to the Post-Cold War Defense Environment
Lessons for Japan in Defense Industrial and Trade Policies
7 December 2010

POLICY RECOMMENDATIONS

Backgrounds
After the Cold War, governments of European and North American countries, faced with pressure on defense budgets, rapid progress in innovation in information technology and globalization of industry and all other dimensions of human activities, have thoroughly reviewed their security policies and implemented the reorganization of defense industry and the promotion of RMA which covers equipment, force structures and doctrines, in order to cope with diversifying threats and ensure international stability.
The governments of these countries aim at avoiding investment duplications through multinational division of labour and collaborations in the development of defense equipment. By sharing cutting edge technology, they have succeeded in raising overall technological competence and reducing cost and lead time. This has helped them to improve their defense capabilities effectively and efficiently with restrained budgets.
This has led to increased sharing of operational concepts and equipment and interdependence among these countries, an important element to consolidate collective security.
The government of Sweden, after the end of the Cold War, declared that it would shift its policy of neutrality to that of solidarity. It now seeks its own security in solidarity with members of the European Union. It has transformed its defense industrial policy and promotes international cooperation based on the recognition that the access to an open armament market is essential to maintain necessary defense capabilities effectively and efficiently.
While European and North American countries have improved their capabilities by adapting themselves to changing security environment, technological landscape and globalization and exploiting opportunities created by international cooperation, there has been no major change in defense posture of Japan. The government of Japan has firmly held its three principles on arms export and continues near total ban on selling arms overseas. But global division of labour and international collaboration in defense industry will certainly continue in the future. If Japan maintains its secluded defense industrial policy, the technological and production basis of the country’s defense industry will be eroded, keeping the defense structure that fulfills the mandate of the Japanese people will be difficult, and the need to make Japan’s own effort for its security will not be met,
 Recommendations
As a conclusion of the seminar today, following we, Japan Forum for Strategic Studies, have hereby confirmed the recommendations on the basis of the valued views and suggestions that all the seminar participants have shared, together with the outcomes of studies and surveys we have conducted to date.
The participants of this seminar, both from the public and private sectors, having comprehensively reviewed the Japanese defense policy, having agreed to continue discussions on the policy, keep following developments of the policy and provide opportunities to communicate opinions and suggestions through international conferences and seminars, and having convinced that cooperation with European and North American countries will directly help Japan build a stronger security structure, recommend that the following actions be taken without delay:

1. A new arms export and import control system should be established to replace the current policy of the three arms export principles. An advisory panel should be formed within the Cabinet Office to discuss and formulate this new system. The advisory panel should submit a report to the government by the end of December 2011 on a new system to control arms export and import.
2. The advisory panel should be supported by subsidiary bodies whose members represent the government, private sector and academia. They should conduct research necessary to form a public consensus. A group of members representing the subsidiary bodies should produce reports which help facilitate discussions at the advisory panel.
3. Until the time when a new arms export and import system is established, the cabinet should decide to relax the application of the three arms export principles so that the Japanese defense industry can take part in international joint equipment development projects.
議長総括「政策提言」
スウェーデン大使館・日本戦略研究フォーラム共催「日・欧・米ジョイントセミナー」(2010年12月7日)

議長総括「政策提言」
本セミナーにおける基調講演、発表、議論をセミナー議長が総括し、次のように提言いたします。

提言の背景
 冷戦終結後、欧米先進国は、防衛予算削減の中、多様化する脅威に対応し国際秩序の安定を図るため、ITを中心とする急速な技術革新、産業を含むあらゆる分野にわたるグローバル化の進展等に直面して、安全保障政策の全面的な見直しを行うとともに、防衛産業の整理統合・再編、技術革新に触発された装備品、組織、ドクトリン等あらゆるものを糾合したRMAの促進等を国の主導により実施してきた。
 特に防衛装備品の開発・装備に当たっては、多国間の分業と共同により投資の重複を避けるとともに、先端技術を共有することにより全体の技術の底上げ、経費節減、期間短縮等の成果を享受し、これにより抑制された防衛予算の中で効果的な防衛力を効率的に整備してきている。
 このことは更に運用思想や装備品の共有、相互依存の増大をもたらし、結果として安全保障を集団的に担保する重要なエレメントともなっている。殊にスウェーデンは、冷戦終結後、中立から連帯へ移行することを宣言し、自国の安全をEU加盟国と連帯して保証する方向へ安全保障政策を転換するとともに、効果的な防衛力を効率的かつ経済的に整備するためには、開かれた武器市場の確立が不可欠であるとの判断から、防衛産業政策の転換も図り国際的な産業協力体制へと変わりつつある。
 翻ってわが国は、冷戦終結に伴う安全保障環境の変化、技術環境の変化、グローバル化の進展と国際協調の促進等の状況の変化が、欧米において加速して拡大し機能の強化向上を遂げているにもかかわらず、防衛態勢の顕著な変更も行われず、武器輸出三原則等政策によるほぼ全面的な武器輸出禁止政策を堅持してきた。防衛産業のグローバルな分業と共同による国際協調路線は、今後ますます進化していくことは必定であり、わが国がこのまま閉鎖された防衛産業政策を継続していくならば、わが国の防衛生産・技術基盤の衰退は免れず、国民の負託に応えられる所望の防衛力を整備していくことは困難となり国の安全保障の自助努力の欠落を促していくであろう。
 提言
 本日のセミナーにおいて、皆様から頂いた貴重なご意見並びに日本戦略研究フォーラムがこれまでに実施してきた調査・研究の成果に基づき、日本戦略研究フォーラムとして、次のとおり提言する。

1 現在の武器輸出三原則等の政策に代わる新しい「武器輸出入管理制度」を制定するための諮問委員会を内閣府に設置し、諮問委員会は平成23年12月末を目途に新しい武器輸出入管理制度に関する報告書を政府に提出する。
2 国のコンセンサス形成のために、官・民・学それぞれから成る下部組織を設置して「調査研究」推進、さらに下部組織の代表から成る総括作業組織の手による報告書を最上位諮問委員会において審議して体制作りを補完する。
3 新しい武器輸出入管理制度が制定されるまでの間、わが国の防衛産業が防衛装備品の国際共同開発プロジェクトに参加できるよう「武器輸出三原則等政策」の適用を緩和することを閣議決定する。
セミナー風景
 ⇒Toppage  
懇親会風景
 
  ⇒Toppage 

活動状況

JFSSシンポジウム
過去3年間の活動内容がご覧いただけます。

RUSIとのセミナー
5月12日、英国大使館で開催されたセミナーの内容がご覧いただけます。


尖閣諸島沖合事件に関する緊急提言