【報告】平成29年度 外交・安全保障調査研究

.

お知らせ JFSS事務局

 平成29年度の外交・安全保障調査研究について、下記のとおり実施致します。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
研究テーマ:「平和安全法制に基づく我が国の国際平和協力の在り方」

 平成28年3月に施行された「平和安全法制」は、我が国が国際の平和と安全により積極的に関与していく行動の枠組みを構築した。しかし、法律の細部規定を検証すると行動に関する制約事項が多く、未だ国際標準に至っていない状況にある。これを克服するためのフィージビリティ・スタディとして、西修氏(JFSS顧問・駒沢大学名誉教授)、佐藤庫八氏(JFSS政策提言委員・元陸自幹部学校法制教官)、髙井晉氏(JFSS常務理事・防衛法学会理事長)を中心に、若手研究者の協力を得て研究プロジェクトを立ち上げた。
 本プロジェクトでは、これまで実施された国際平和協力活動の業務について、平和安全法制を適用して検証することにある。検証した結果、平和安全法制上実施できる業務、及び実施できない業務に区分分析し、実施できない業務の理由、要因を明らかにする。そして、実施できない要因を更に分析し、その根本要因を明らかにし、それを打破する方策について提言することで、我が国の国際平和協力の在り方を探る。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今後、事業の状況報告を随時、掲載していきます。