第30回定例シンポジウム「韓国はどこに向っているのか」
This is an example of a HTML caption with a link.
This is an example of a HTML caption with a link.



 Ø Bu yarga temisi  2011年5月15日
Bu yarga ulinidighan soz
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年7月30日
派閥均衡人事からの脱却
―安倍三原則を心得た党・内閣人事を―
Ø 政策提言委員  西村 金一    2014年7月25日
マレーシア航空機墜落は親露派武装勢力による撃墜か
―情報戦の様相を呈している出された情報をどう読むべきか―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年7月23日
県議会議員号泣会見
―透けて見える地方議会の不埒な現実―
 Ø緊急報告会を開催しました  2014年7月18日
 テーマ:「南シナ海における中越紛争の緊急報告会」
 報告者:グェン・フン・ソン氏
    (ベトナム外交学院南シナ海研究所副所長)
 進 行:長島 昭久氏(衆議院議員・元防衛副大臣)
 日 時:平成26年7月17日(木)15:30〜17:00
 場 所:衆議院第2議員会館 第1会議室
 Ø66Key Note Chat 坂町  2014年7月18日
 テーマ:「河野談話」の検証結果報告を受けて
     
歴史が証明する「中韓外交」に学べ
 ゲスト:屋山 太郎氏JFSS理事・政治評論家)
     山田 宏氏JFSS理事・衆議院議員)
 日 時:平成26年7月11日(金)14:00〜16:00
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年7月16日
集団的自衛権行使容認を閣議決定
―米中の軍事力逆転に備え、日本は確たるメッセージを同盟国に示せ―
Ø JFSS レポート Vol.15 常務理事 樋口譲次   2014年7月15日
取り残された課題
―予備自衛官制度の抜本的改革は目下の急務―
Ø『季報』 夏号(Vol.61) 発行   2014年7月10日
 詳しくはこちら
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年7月9日
「内閣人事局」中央省庁幹部600人の人事発表
―女性登用と国益優先人事実現―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年7月2日
「集団的自衛権行使容認解釈漸く」自公合意
―国会対策的憲法解釈の終焉―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年6月25日
「河野談話」の検証結果
―“方便”談話を悪用し続ける韓国の弱み―
Ø 研究員・拓殖大学客員研究員 高 永普@   2014年6月24日
日朝国交正常化の限界と突破口
Ø 研究員 長尾 賢   2014年6月23日
モディ首相が日本に来る?! ―日印安全保障連携に向けた具体策―
(『日経ビジネスON LINE610日掲載)
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎 2014年6月18日
内閣人事局発足 ―財務省人事は同期の狎れあい?―
Ø13回「中国事情研究会」    2014年6月11日
「最近の中国の出方と日本の対処」―領域警備とグレーゾーン―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年6月11日
「維新」の分党引き金 ―野党の離合集散活発化―
Ø JFSS レポート Vol.14 政策提言委員 永岩俊道  2014年6月10日
中国軍エアパワーの近代化と中国の「東シナ海防空識別区」
Ø 特別研究員関根大助  2014年6月6日
書評 福山隆 著『日本離島防衛論』
Ø 政策提言委員 金田秀昭   2014年6月4日
南シナ海問題は中国の命取りになるか?
―全ての核心的利益で問題解決を図れない習政権―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年6月4日
安倍首相の余裕ある政権運営
―「憲法」「集団的自衛権」で新たな連立の可能性も―
Ø 理事川村 純彦  2014年6月3日
第21回海洋安全保障研究会
Ø 政策提言委員金田 秀昭  2014年6月3日
第20回海洋安全保障研究会
 Ø65Key Note Chat 坂町  2014年5月28日
 テーマ:「腑抜けになったか日本人」 ―国家意識喪失の危機―
 講 師:山口 洋一氏
      
(JFSS理事・元トルコ・ミャンマー特命全権大使)
 日 時:平成26年5月27日(火)14:00〜16:00
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年5月28日
「新型大国関係」は中国の片思い
―がっぷり四つの米ソ冷戦時代とは異質―
Ø 上席研究員 グラント・F ニューシャム   2014年5月26日
Collective Self Defense – It’s about time
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年5月21日
集団的自衛権行使容認が日本を救う
―国際感覚オンチの「護憲派」の敗北―
Ø 理事 川村純彦  2014年5月20日
「緊張高まる南シナ海情勢」
Ø ジャーナリスト 宇田川敬介  2014年5月20日
韓国慰安婦問題と日本の対応との問題点
Ø 政策提言委員・大阪国際大学名誉教授 奥村文男  2014年5月19日
安保法制懇報告書と集団的自衛権
Ø 顧問・ヴァンダービルト大学教授 ジェームス E・アワー  2014年5月19日
「国際連合条約」を批准しない中国の横暴
Ø 政治評論家・元日本共産党参議院議員 筆坂秀世   2014年5月19日
安倍首相の立場を支持する
Ø 上席研究員 グラント F・ニューシャム    2014年5月15日
米 ThinkTech Hawaii's Global Future よりインタビューを受ける
(テーマ:The Shifting Asian Security Environment)
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年5月14日
自公連立、継続は無理
―安倍自民党の憲法・防衛・教育問題に抵抗する公明党―
 Ø 上席研究員  グラント・F ニューシャム   2014年5月12日
Commentary : South China Sea – China vs. Vietnam
 Ø 上席研究員 グラント・F ニューシャム   2014年5月12日
With New Radar,Japan Sends Message to China
Global News WEB版掲載記事より(要約)
Ø 政策提言委員 矢野義昭   2014年5月12日
集団的自衛権行使はなぜ必要か
―米中間の戦略的なパワー・バランスの激変による日米同盟の危機―
Ø 研究員・拓殖大学国際開発研究所 高永   2014年5月10日
北無人機侵入で見る防空の落し穴と教訓
Ø 政策提言委員 福山 隆   2014年5月9日
他山の石
Ø 政策提言委員・拓殖大学海外事情研究所准教授丹羽文生  2014年5月9日
書評 佐瀬昌盛著『むしろ素人のほうがよい』
Ø 研究員・拓殖大学国際開発研究所 高永   2014年5月9日
セウォル号惨事と日本
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年5月7日
地方の独自性阻む中央集権官僚制
―「維新」第2極としての役割担うか―
Ø JFSS レポート Vol.13 政策提言委員 丹羽文生   2014年5月2日
安倍外交を読む −求められる「孤高の外交」−
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年4月30日
オバマ大統領来日
―外交の本質欠くオバマ外交、安倍外交には通用せず―
 Ø64Key Note Chat 坂町  2014年4月23日
 テーマ:「最新の韓国事情」
―政治・経済・慰安婦、そして動き出した中国の韓国に対する狙いとは―
 講 師:宇田川 敬介氏(ジャーナリスト )
 日 時:平成26年4月23日(水)14:00〜16:00
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年4月23日
集団的自衛権解釈変更
―維新が第2極の中心に―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年4月16日
政府エネルギー基本計画を閣議決定
―原子力を「重要なベースロード電源」に―
Ø『季報』 春号(Vol.60) 発行   2014年4月9日
 詳しくはこちら
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年4月9日
民意を反映した必然政権 ―酷似する自民党とイタリア連立政権―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年4月2日
日本の贖罪意識が中韓の「告げ口・捏造外交」を助長
Ø JFSS レポート Vol.12 政策提言委員 西村金一 2014年4月1日
拉致被害者全員を3年以内に絶対に奪回せよ
Ø 政策提言委員  西村 金一   2014年3月26日
3月26日ノドンミサイル発射に関するコメント
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年3月26日
「新型大国関係」に揺れる米国
―集団的自衛権の行使容認を急げ―
Ø12回「中国事情研究会」   2014年3月25日
中国の軍事戦略と日本の防衛
 Ø63Key Note Chat 坂町  2014年3月24日
 テーマ:メディアが報じないウクライナとロシアを巡る情勢
 講 師:馬渕睦夫氏(元駐ウクライナ大使)
 日 時:平成26年3月19日(水)14:00〜16:00
 Ø 上席研究員 グラント・F ニューシャム   2014年3月20日
Understand Abe, but Focus on Japan
CSIS(戦略国際問題研究所)寄稿
Ø11回「中国事情研究会」   2014年3月20日
日中人文交流について
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年3月19日
都知事選に見る自民党左派と民主党護憲派の没落
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年3月12日
安倍首相の“官僚内閣制”からの脱却
―新年度から「閣議」「閣議懇談会」の議事録作成始まる―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年3月5日
TPP日本農業と米自動車で難航
―「岩盤規制粉砕」実行が国を救う―
Ø JFSS レポート Vol.11 顧問 平林 博 2014年3月5日
波高き西太平洋と日印協力の意義
 Ø62Key Note Chat 坂町  2014年3月4日
 テーマ:日本共産党の今と今後
 講 師:筆坂秀世氏(元共産党参議院議員・政策委員長)
 日 時:平成26年2月27日(木)14:00〜16:00
 Ø61Key Note Chat 坂町  2014年2月26日
 テーマ:オバマ大統領のアジア外交と米国内情勢
 講 師:ケビン・メア氏 (JFSS特別顧問・元米国務省日本部長)
 日 時:平成26年2月25日(火)14:00〜16:00
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年2月26日
教育委員会制度改革法案に期待する
―“教育界”を牛耳ってきた日教組の政治活動を糾す―
 Ø 農学博士 渡邉 巌     2014年2月25日
日本は唯一の被爆国だから
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年2月19日
左翼終焉の時代到来
―「積極的平和外交」に日本の在るべき姿が見えてくる―
 Ø 研究員 長尾 賢     2014年2月14日
インドが日本に示した奥の手
―インフラ開発が敵味方を区別する―
 Ø 顧問・日本国際フォーラム副理事長 平林 博     2014年2月13日
「中国の反日キャンペーン」
CSIS(戦略国際問題研究所)寄稿−China's anti-Japan campaign
Ø 常務理事 樋口譲次   2014年2月12日
「反日中華連合」に走るのか、韓国と中国?
―歴史問題を国際化する韓中の暴走を防げ―
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年2月12日
日本の国家神道への理解遠く
―米国の「失望した」・中韓の史実捏造―
Ø 理事川村純彦研究員長尾 賢 2014年2月6日
第19回海洋安全保障研究会
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年2月5日
歴史的事実捏造で反日を拡大する韓国
―日韓基本条約を理解できない国―
 Ø30回 定例シンポジウム開催   2014年2月1日
「韓国はどこに向っているのか」
Ø JFSS レポート Vol.10 政策提言委員 用田和仁 2014年1月31日
新防衛計画の大綱・中期計画の「期待と失望」
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年1月29日
NHK新会長 籾井勝人氏就任会見に思う
―偏向報道に対する考えを率直に表現する度胸を持つ見事な常識人―
 Ø60Key Note Chat 坂町   2014年1月23日
 テーマ: 「最近の韓国情勢」―日韓の安全保障について――
 講 師: 倉田秀也氏 (防衛大学校国際関係学科教授)
 日 時: 平成26年1月23日(木)14:00〜16:00
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年1月22日
地方の首長に国の方針を変える権限はない
―「原発」「普天間」「オリンピック」―
Ø 上席研究員 グラント F・ニューシャム   2014年1月16日
米 ThinkTech Hawaii's Global Future よりインタビューを受ける
(テーマ: Japan’s New Military: A Regional Player Now)
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年1月15日
安倍総理大臣の靖国参拝 ―中韓に告ぐ。冷静に正しい歴史を学べ―
Ø『季報』 新年号(Vol.59) 発行   2014年1月14日
  詳しくはこちら
Ø 理事・政治評論家 屋山太郎   2014年1月8日
安倍総理大臣の靖国参拝 ―天皇と神道、そして靖国―
 Ø 常務理事 井 晉   2014年1月6日
国連PKOと銃弾の提供
 Ø 政策提言委員 西村金一    2014年1月6日
陰の No2 張成沢の失脚
 Ø 政策提言委員 西村金一    2014年1月6日
軍事作戦中に銃弾が尽きる怖さを知らない人達へ
−南スーダンの韓国軍部隊へ自衛隊が1万発提供−
 Ø 顧問・日本国際フォーラム副理事長 平林 博    2014年1月1日
安倍総理の靖国参拝を考える
 Ø 政策提言委員 矢野義昭    2014年1月1日
張成沢の粛清をどうみるか
―歴史から見る今回の粛清劇の狙いと影響―
            過去の記事
 

 
 
map





好評販売中!



新刊・お薦め図書


ワシントン
Find more about Weather in Seattle, WA


北京
Click for Beijing Capital, Beijing Forecast


モスクワ
Click for Moscow, Arkansas Forecast


ロンドン
Click for London, United Kingdom Forecast