■ 訃報 本フォーラム特別顧問のジェームス・E・アワー氏が5月16日、米テネシー州ナッシュビル市内で逝去致しました(享年82).。故人は米海軍に在籍中長く日本に勤務し、その後は米国防総省の日本部長として日米同盟の強化に尽力しました。2008年、「旭日中綬章」受賞。ここに皆様から頂きました生前のご厚情に心より感謝申し上げ、謹んでご報告致します。   本フォーラム会長の屋山太郎が4月9日、逝去致しました (享年91)。故人は時事通信記者を経て、政治評論家また日本を代表する論客として、最期まで国内外の問題を発信し続けてまいりました。ここに皆様から頂きました生前のご厚情に心より感謝申し上げ、謹んでご報告致します。   ■【新着情報】筆坂秀世氏のコラム「共産党の蓮舫応援が異常だ)を掲載中。   古森義久氏のコラム「トランプ氏有罪で共和党が連帯を強めた」を掲載中。   藤谷昌敏氏のコラム「インド太平洋戦略におけるパワーバランスの重要性、日本の役割とは」を掲載中。   5月22日ラトビア表敬訪問   5月8日 エストニア大使表敬訪問。   4月19日 リトアニア大使表敬訪問。   長野俊郎氏の「『追悼』兄貴と慕った人との別れ」を掲載。   屋山太郎氏のコラム「インチキを許していいのか」を掲載。   渡辺利夫氏の追悼文「『追悼』屋山太郎さんの突破力」を掲載。   古森義久氏の追悼文「屋山太郎会長を悼む」を掲載。   丹羽文生氏の「『追悼』屋山太郎先生」を掲載。   ■訪台報告「台湾国防大学とパートナーシップ協定覚書に署名」を掲載。   ■【推薦書籍】谷口智彦氏の新著「安倍晋三の真実」(悟空出版)を掲載。   西修氏の新著「憲法 一代記」(育鵬社)を掲載。

①第181回チャット開催 フレッド・フライツ氏・スティーブ・イエーツ氏
「米前政権中枢が語る米大統領選の行方と日米同盟」
②第180回チャット開催 オーレリウス・ジーカス氏
「日本とリトアニアの歴史的関係と両国の安全保障問題」
③第48回定例シンポジウム テーマ「混迷極まる国際情勢」ー日本の矜持を問うー を開催

戦争のコストはどのぐらいかかるのか

 アジア太平洋地域の安全保障を俯瞰すると、中国の台頭や米国の退潮にともなって地政学的状況は大きく変化しつつあると言える。日本は第二次世界大戦以降、自らが主体となる戦争を長く経験していないため、戦争が経済にどのような影響を与えるのか、どれぐらいの経済的損失が出る ...

全文

(7月15日・16日開催)第3回政策シミュレーションの各メディアの報道について

 7月15日~16日、「第3回台湾海峡危機政策シミュレーション」(ホテルグランドヒル市ヶ谷於)を開催致しました。今回も、現役国会議員11名、米国元高官、そして初参加となる台湾有識者も加わり、日米台3ヵ国でのシミュレーションとなりました。  尚、今回台湾から初 ...

全文

「日本学術会議廃止すべし」
―共産党の別動隊―

 日本学術会議は菅前首相が6名を欠いたまま名簿を決定、組織については後日、検討することになっている。政府内では公平を期した会議ができるか、それが無理だから閉鎖すべきだとの議論で決着がつかない。私は文芸春秋73年11月号に「原子力船むつと日本学術会議」を特集し、 ...

全文

マイナカード大混乱の必然

 マイナンバーカードと健康保険証の一体化や口座情報の紐づけなどの作業をめぐって、政府や自治体、関連機関が大混乱に陥っている。そもそも全ての国民に番号を付けるというマイナンバー制度そのものが、国民の膨大な情報を「効率的に管理及び利用」するために作られたものである ...

全文

リベラル・メディアが報じないアメリカの出来事

 アメリカの政治が躍動的である。民主党のリベラル派がバイデン政権を動かして、国政での傾きをさらに左方向へ、左方向へ、とプッシュしてきた流れに、大きなストップがかかったのだ。このストップは保守派、というよりはアメリカ国民の中間層の多数派からの左系の過激な政策への ...

全文