第43回定例シンポジウムは会場いっぱいのご参加を頂き、盛会のうちに終了致しました。

第43回 定例シンポジウム
「迫りくる中国の『赤い波』」
―危機に立つチベット、ウイグル、南モンゴル―

現代ビジネス掲載|知られざる沖縄の巨大滑走路・下地島空港の「屋良覚書」を再考する

 当フォーラム上席研究員で、政治学博士・元在沖縄海兵隊政務外交部次長のロバート・エルドリッヂ氏の記事が、2021年8月15日付「現代ビジネス」に掲載されましたのでご案内致します。 ...

全文

アフガニスタン崩壊と日本への教訓

 アメリカのバイデン大統領のアフガニスタンに関する決定は同大統領への自国内での広範な非難だけでなく、国際的にも深刻な課題をいくつも提起した。同大統領は8月16日、休暇先からホワイトハウスに戻り、全米向けの演説で今回の決定の理由などを説明したが、この演説にも与党 ...

全文

「世界のジェンダー・ギャップ指数」
―日本120位は間違い?―

 世界経済フォーラム(WEF)と言う団体がスイスにある。この団体は1971年に誕生し、毎年各国の経済・社会の実情を分析している。長く続いているから信用はあるのだろう。しかし分析結果の中の「ジェンダー・ギャップ指数」というのが毎年気になって仕方がない。ジェンダー ...

全文

アフガニスタンで勢力を拡大する「タリバン」、注目すべき中ロの動き

 8月15日、アフガニスタンで、米国や日本など各国が支えてきたガニ政権が崩壊し、スンニ派過激勢力「タリバン」が20年ぶりに首都カブールを制圧して権力を再掌握した。元々、「タリバン」は、1994年11月、アフガニスタン南部カンダハール州マイワンド郡でマドラサ(イ ...

全文